大人ニキビケアにおける化粧水の役割

化粧水

化粧水というのは、洗顔の後、お肌が無防備な状態のときに最初に触れるものです。この状態のお肌は、皮脂量が減っており、角質も薄くなっていますので、このままでは乾燥が進み、外からの刺激を受けやすく、肌荒れも起こしやすい状態です。

 

 

化粧水は、その肌に潤いを与え、きめを整えるのが目的ですが、洗顔後の肌を安定させ、その後の美容液・乳液・クリームなどの成分が肌に浸透しやすくさせることが最も重要な役割といえます。

 

化粧水の選び方

にきびの出来やすい人は、化粧水を選ぶとき、皮脂を抑える事や、
さっぱり感を重視しがちですが、重要なのは保湿性です。

 

保湿成分としてはヒアルロン酸、アミノ酸などが有名ですから、
これらの成分が配合されているものを選びましょう。
最近は、肌のきめを細かく整える成分としてビタミンCの
浸透性を高めたビタミンC誘導体が配合されているものが人気です。

 

肌を整える成分は、後で使用する美容液などでも補いますから、
美容成分をたくさん化粧水に求めることはしなくても良いでしょう。

 

それよりニキビ肌には大敵のアクネ菌の栄養分となる成分、例えば
オイレン酸など植物性スキンケア成分の中に含まれているものが
ありますから、ノンコメドジェニックという成分を使っているものを
選ぶことをお勧めします。

 

その他、ニキビケアで避けるべき化粧水は、
皮脂分泌を抑えるもの、
コットンなどを利用して、皮脂をふき取るようにしながら使うもの、
アルコールを配合しているもの
などがあります。

 

皮脂分泌を抑制したり、ふき取るものは、
逆に体が皮膚が不足してると感じ皮脂が過剰に分泌されるようになりますし、
アルコールは水分と一緒に蒸発し乾燥肌を作る原因になります。

 

どちらも、にきびケアにとっては不要な作用です。

 

思春期ニキビ向けの化粧水は、皮脂の分泌を抑制し、殺菌性の高いものが多く、成人した人が使うと、肌の乾燥、バリア機能の低下を招くことになりますので注意しましょう。

 

化粧水のつけ方としては、コットンやガーゼなどを利用してつける方法と
手のひらでつける方法があります。どちらを取るかは好みですが、にきびケアにおいては手のひらでつけることをお勧めします。コットンやガーゼなどを使用すると、ニキビへの刺激が大きくなり悪化を招くことがあります。

 

 

 

© 2017 大人ニキビケア rss