大人ニキビケア(生活習慣)

大人ニキビが出来る原因として

・生活習慣の乱れ
・ストレス
・睡眠不足
・偏った食生活
・過剰な喫煙、飲酒
・紫外線
・シャンプーや洗顔料のすすぎ残し
・生理周期の関係

などをあげました。

思春期ニキビと比べてその要因が複雑に絡み合うため、
短期的な改善が難しいため、お悩みの方も多いわけです。


大人ニキビは、日常のストレスや睡眠不足といった生活習慣が乱れたタイミングにできやすいとされており、季節的には冬場にできやすいといわれます。また、特に女性では、排卵期と呼ばれる、生理の2週間前あたりから、生理が始まるまでの間にできやすいことも知られています。

そのうち、生活習慣にかかるものとして、
1.睡眠
2.ストレス
3.紫外線
4.癖、嗜好
を改善しましょう。


1.睡眠

睡眠不足は、交感神経の働きを亢進し、男性ホルモンの分泌を促します。この男性ホルモンは皮脂腺から皮脂を分泌させるため、必要以上の皮脂を分泌させてしまいます。

また、睡眠中に分泌される成長ホルモンは、肌の修復や再生を促すことが知られており、22時から02時の間がもっとも分泌されています。ですから、睡眠時間を確保し健康な肌が生成されるようにしましょう。生活時間帯がずれている場合でも規則正しく就寝するようにして生活リズムを整えるだけでも十分、分泌が期待できます。

2.ストレス

日常生活の中でストレスを感じないで生きていくことは難しいことです。しかし、このストレスも大人ニキビの大きな原因となっています。

人の体は、ストレスを感じると対抗するための抗ストレスホルモンであるコルチゾールを分泌します。このコルチゾールも男性ホルモンを刺激し、皮脂を過剰分泌させてしまうのです。

ストレスをすべて取り除くことは難しいですが、入浴、スポーツ、散歩など自分にあったストレスの発散方法を取り入れストレスを改善することが、大人ニキビ対策としても大切です。

3.紫外線

紫外線があたると人の肌は防衛するためにバリア機能を高めます。これにより角質層が厚くなることが知られています。また、紫外線にあたる肌の表面では活性酸素が生じるため肌の再生機能(ターンオーバー)に異常を発生させます。

また特に年齢を重ねていくと、夏場の間に紫外線から肌を守るために厚くなった角質が、冬場に乾燥して、肌トラブルを引き起こすことが多くなり、冬場の大人ニキビの発生要因となるのです。

ですから、紫外線の強くなる季節には紫外線対策、外出時のUVケア、サングラス、帽子、日傘などをしっかりすることが重要です。この時期は出来ているニキビが日焼けし、消えにくくシミになるということも起こりえます。

4.癖、嗜好

癖は人には必ずあるものですが、ニキビに関してはNG。アゴなどの手指が届きやすいニキビを、無意識のうちに触ってしまう人がいますね。これは、皮膚への圧迫刺激となり角質層の過角化を招いたり、汚れや細菌によって炎症が悪化することもありますから要注意です。

ニキビが出来ているなら、意識して触れないようにしましょう。

また、20歳以上の方なら、タバコやお酒をたしなむ方もいらっしゃることでしょう。
そういう方には申し訳ないのですが、大人ニキビで悩んでいる方にはどちらもお勧めできません。

喫煙は
・毛細血管を収縮する
・活性酸素を大量に発生させる
・体内のビタミンCを大量に消費する
ことはご存知の通りです。

そして、これらは
→代謝を悪くする
→老化を促進させる
→肌に有効なビタミンCを浪費する
ことで、大人ニキビの改善にはそぐわないわけです。

また、飲酒についても
・血行の促進
・糖質・脂質の摂り過ぎ
・肝機能の低下
・ビタミンB群の消費
が起こり、

→炎症の促進
→皮脂分泌の促進
→体内毒素の増加
→ターンオーバーの障害
となって、大人ニキビを悪化させてしまうのです。

ですから、できるなら禁煙、禁酒。
お酒に関しては、特に飲みすぎには注意しましょう。


以上に加え、適度な運動を加えると更に効果的でしょう。
運動は、代謝を促進しますから、皮膚の代謝が正常化し、正しい周期でターンオーバーが行われるようになれば、不必要な角質はきちんと取り除かれ、老廃物やメラニンなどの排出もスムーズになります。また、ストレスのも散できますからね。


繰り返しになりますが、大人ニキビは、思春期ニキビと違い短期的な改善が困難です。少し時間をかけながら、生活習慣の改善とともに、毎日、洗顔と「保湿」で顔を清潔に保ち改善を図りましょう。

 

 

© 2017 大人ニキビケア rss