大人ニキビケア(食事)

>

大人ニキビに限らず、思春期ニキビでもそうですが、毎日の食事はニキビにも影響を与えます。ニキビの状態を悪くする食べ物、ニキビを改善する食べ物を見てみましょう。

ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を引き起こすと考えられるのは、動物性脂肪や血糖値を急激に上げる食品の摂り過ぎです。

揚げ物や牛・豚・鶏の動物性脂肪は血中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を増やすことが知られています。脂質異常症と同じように、動物性脂肪を減らし、EPAやDHCの摂取できる魚を食べることをお勧めします。

血糖値に関しては糖分の多いお菓子類、パン、白米、ジャガイモなどが急激に血糖値を上げることは知られています。

食後など血糖値が急激に上昇すると、この血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されることは知られていますね。このインシュリンは男性ホルモンを刺激しますので、皮脂分泌を亢進させるのです。

他にも刺激の強い香辛料を多く含む食べ物も、皮脂腺を刺激し皮脂の分泌量を増やします。

皮脂の過剰分泌が、ニキビの原因となることはお分かりいただいていると思います。

こうした食べ物はまったく摂ってはいけないというのではなく、特にニキビが出来ているときには悪化をさせることにもなりますので、摂り過ぎに注意しましょうということです。


​ニキビの状態を改善させるであろうと考えられる食品は、新陳代謝を正常維持、促進させたり、ホルモンバランス、皮脂分泌などに影響する栄養素を含む食べ物となります。

新陳代謝を正常に保つ栄養素としてはビタミンB6、ビタミンC、亜鉛が上げられます。

ビタミンB6を多く含む食品としては、牛レバー、バナナ、マグロ、大豆、卵など。
ビタミンCを含む食品は、イチゴ、レモン、パパイヤ、ブロッコリー、ピーマンなど。
亜鉛を多く含む食品は、レバー、うなぎ、牡蠣、玄米、ゴマ、アーモンドなどをあげることができます。

粘膜や肌を健康に保ち、皮脂分泌を整える栄養素としては、ビタミンA、ビタミンB2です。

ビタミンAを多く含む食品は、レバー、にんじん、ほうれん草、春菊、かぼちゃなど。
ビタミンB2を多く含む食品は、レバー、イワシ、納豆、豚肉、きのこ類があがります。

抗酸化(酸化を防ぐ)作用をもつ栄養素としてはビタミンEが有名でしょう。

ビタミンEを多く含む食品は、落花生、アーモンド、ごま、かぼちゃ、アボカド、うなぎ、卵黄などがあげられます。

その他の果物や野菜にもビタミンは豊富に含まれていますし、食物繊維は健康維持には欠かせませんから

バランスよく摂るようにしたいですね。

 

 

 

© 2017 大人ニキビケア rss