大人ニキビケアにおけるクリームの役割

意外とスキンケアにおいてクリームを使わない人多いようです。その理由として、ベタベタする、油分がニキビを増やしようと感じられているようです。しかし、これらはクリームとは関係ありません。


スキンケアにおけるクリームの役割は、化粧水や美容液の成分が肌に浸透した後、それらを肌に閉じ込める役割をします。保湿成分は蒸発しやすいので、クリームの油分で肌を覆い守るわけです。

 

にきびの原因をつくるアクネ菌は空気に触れているところでは繁殖しないので、クリームの油分がにきびに増やしそうで悪いというのは心配ないのです。


お化粧をし始めたとき、クリームのつけ方など習った人もいると思いますが、自己流でつけず、正しいつけ方をしてください。

 

クリームは、化粧水、美容液、乳液などをつけた後、つけるものですが、美容液や乳液をつけた後、すぐつけるものではありません。美容液、乳液の成分が肌に届いた後、つまり5分くらい置いてなじませてからクリームはつけましょう。

 

つけ方は、頬、あご、おでこに少量をのせ、全体に伸ばしていくのですが、このとき肌を強く擦るような伸ばし方をせず、優しくゆっくりと伸ばしてください。

 

伸ばした後、手のひらで包むように軽く押さえ、体温でクリームを肌になじませるようにします。

 

クリームのつけすぎや、余分な油分が浮いていると感じたら、ティッシュなどやわらかいもので押さえながら取っていきます。これは洗顔後と同じで、擦ってふき取るのは厳禁です。

 

お勧めのクリーム成分

にきび肌の場合、ここでも保湿成分が入っているものがお勧めです。

 

セラミド:細胞間脂質の主成分でもあるため他の成分の保湿効果を高め、肌のバリア機能を回復する効果が期待できます。

 

ヒアルロン酸:保水力にすぐれ、肌が乾燥することを防止、改善することが期待できます。

 

コラーゲン:保湿効果、美白効果、エイジング効果が期待できます。


美容液などと同じで、様々な成分を配合し、その特徴を謳うクリームも多くあります。自分の肌にあうものを選び、きちんと適量を使用しましょう。


ビタミンC誘導体:抗酸化作用とメラニンの美白効果が高いとされる成分で、色素沈着を防止する効果が期待できます。

 

ハイドロキノン:別名肌の漂白成分といわれるくらい美白効果の期待できる成分。しかし刺激が強く、肌荒れを起こしやすい成分でもありますから、パッチテストなどしてから使用することをお勧めします。

 

ニキビケアでなく、ニキビを治療するためのクリームについては薬店や薬局で購入することが可能ですが、自己判断に頼らず、専門家に意見を聞くようにしましょう。出来れば皮膚科などの専門医を受診し、処方薬をもらえば、健康保険の適用もありますし、安価に安全に治療はできます。

 

 

 

© 2017 大人ニキビケア rss