大人ニキビケア(クレンジング)

メイクをし始めるとクレンジングはスキンケアには必須となります。クレンジングのポイントは出来るだけ肌に負担をかけずにメイク汚れを落とすこと。メイク汚れが残るとにきびをはじめとする様々な肌トラブルを引き起こします。

クレンジング剤もいろんなタイプがありますが、要はクレンジング剤をメイクになじませ、ふやかせていくこと。力をいれず指先で優しくなでながらなじませ、落としていきます。

ただし、クレンジング剤というものは肌に刺激が強く肌荒れや乾燥の原因を作りますから、すすぎまで時間をかけすぎず、できるだけ速く終わらせましょう。だからといって、雑なクレンジングはNG、素早く丁寧に、理想としては1分といわれます。

正しいクレンジング

1.アイメイク、口紅などポイントメイクを先に落とす

目元、口元は皮膚が薄くデリケートな部分です。そこに、マスカラやアイライナーなど重ね付けしたり、口紅を塗っています。どちらのメイクもも落ちにくい成分を含んでいますから専用のクレンジング剤を使って先に落としましょう。全体と一緒のクレンジングでは、化粧汚れを残す原因になります。

2.クレンジングはTゾーンから

顔の皮膚の中で、比較的強いTゾーンからクレンジング剤を乗せ、頬、Uゾーンへと伸ばしていきます。このとき、量が少ないと摩擦が大きくなり肌を痛めることになりますから、適切な使用量を守りましょう。

肌に乗せたクレンジング剤は、指先で滑らせるようになでながらメイクとなじませていきます。力を入れすぎると皮膚を傷つけることになります。

3.すすぎは十分に

クレンジング剤のすすぎは十分に行いましょう。ぬるま湯を使い、手早くすすぐこと。温度が高すぎると肌が乾燥しやすく、低すぎると油が残ることになります。丁寧にすすいでください。

4.洗顔は別途

クレンジングと洗顔剤が一緒になったタイプのものがありますが、あまりお勧めしません。メイクは油性のものが多く、水性の汚れを落とすには肌に刺激の多い界面活性剤が多くなります。

自分がしているメイクの主成分にあわせて、できるだけ肌に優しいクレンジング剤を使い、続けて洗顔を別途することが正しいスキンケアです。

 

 

 

© 2017 大人ニキビケア rss