大人にきびと思春期にきびの違い(要因)

皮膚疾患としてのニキビ、つまり病態としてのニキビに
大人ニキビと思春期ニキビに違いはありません。

 

その違いは、
毛穴の詰まる原因にあります。

 

思春期と呼ばれる時期は、男女とも成長期にあたり、
ホルモンバランスが変化する時期です。

 

この独特のホルモンバランスによって、
皮脂腺が刺激され皮脂の分泌が活発になって、
アクネ菌も増加しますし、毛穴も詰まりやすくなることが
ニキビを発生させる原因となっています。

 


一方、大人ニキビの原因となる毛穴のつまりは、
ホルモンバランスは一定して落ち着いているものの、
お化粧や不適切なスキンケアなどの肌環境の変化、
生活環境のストレス等により、
毛穴周辺の皮膚の角質化が進み、
毛穴が詰まって炎症が起きる原因となっています。

 

具体的には
・生活習慣の乱れ
・ストレス
・睡眠不足
・偏った食生活
・過剰な喫煙、飲酒
・紫外線
・シャンプーや洗顔料のすすぎ残し
・生理周期の関係
などが考えられます。

 

大人ニキビの場合、何が原因となっているかを考え
基本的なスキンケアとともに、対策をする必要がありますね。

ですから、症状は同じニキビですが、
予防やケアの方法は、対処すべき原因が異なっている
ということを理解していなければならないのです。

 

 

© 2017 大人ニキビケア rss