大人ニキビと思春期ニキビの違い(ケア方法)

大人ニキビと思春期ニキビの原因となるものの違いは理解していただけたでしょうね。

思春期ニキビの原因はホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌と、アクネ菌の増加ですから、ホルモンバランスが安定するまでは、分泌した余分な皮脂の除去とアクネ菌のケア。

余分な皮脂は洗顔等で取り除き、皮膚を清潔に保つことでアクネ菌の増加を防ぎましょう。思春期ニキビの場合はどちらかというと脂っぽい肌になることが多く、乾燥させることが必要な場合が多いようです。、


洗顔については別の洗顔についてを参照してください。


出来てしまったニキビは、食事や生活習慣を整えることで自然治癒に導けます。


大人ニキビの原因は、ホルモンバランスに大きな原因があるわけではなく、
肌環境や生活環境からのストレスで、皮膚のターンオーバー(再生機能)に異常をきたしていることが多いので思春期ニキビとは異なったケアが必要になります。それについては一つ一つ別の項目で見ていくことにしますが、出来てしまったニキビをケアしながら、ターンオーバーを正常化させることが必要です。

そのもっとも基本となるのがスキンケア。

思春期ニキビが出来ている時のスキンケアは、基本的には肌を清潔な状態に保ち、炎症を抑えることで改善できます。

これは、思春期という時期は、新陳代謝も活発で肌のターンオーバーの周期も短く、肌の回復力も高いです。また、保湿にかかる角質層のセラミドやNMFの生成も活発な次期なので、ニキビが出来ているものの肌は比較的健康な状態名ことが多いからです。


大人ニキビの場合は、加齢やホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、ストレスなどを原因としてターンオーバーが乱れがちな上、回復力低下し遅くなっています。また、スキンケアの基本である洗顔などが不適切な洗浄などで 角質、皮膚の潤いがなくなり、乾燥することで肌機能が低下していることが多いです。まずは正しいスキンケアを行っているかチェックしてみましょう。

汚れを落とす(必要な皮脂まで落とさない)

保湿

皮膚に必要な養分を届ける(食事を含む)

皮膚(角質層など)を正常に戻す

適正なターンオーバーを保つ(生活環境)

 

 

© 2017 大人ニキビケア rss