大人ニキビケアにおける美容液の役割

スキンケア、特に大人ニキビケアにおける化粧水の役割が、洗顔後の保湿であることは理解してますね。最近の化粧水には、お肌へ様々な美容成分を配合したものもありますが、その成分の多くは水であることからもわかるとおり第一の目的は洗顔後の保湿です。

そして、その後に塗る美容液の役割はというと化粧水で補填した水分を乾燥させないようにして保湿を持続させることにあります。にきびケアをする場合は油分を含まない化粧品を選びますから、特ににきびケアで用いる美容液の役割は保湿の持続性ということになります。

加えて、美容液には肌を健康に保つための様々な有効成分が配合されていることが多く、その成分によって目的に合わせて選ぶということになります。

大人ニキビケアにおける美容液の選び方

美容液は様々な有効成分を高濃度に配合し、保湿、美白、アンチエイジングと目的別に作られていることが多いです。大人ニキビのできるにきび肌には、基本的には保湿成分を重視すべきといえるでしょう。

にきび肌に有効と考えられる成分

セラミド:セラミドは角質層に存在している成分で、肌の潤いを保ち、バリア機能を高めるとされています。

ビタミンC誘導体:肌に取り込みにくいビタミンCを肌に届けるために開発された成分で、皮脂の分泌を抑制し、酸化を防ぐとされます。また炎症を抑え色素沈着を防ぐともされています。

ホホバオイル:天然の植物性オイルで保湿効果、皮脂分泌の抑制作用が期待されます。

ドクダミエキス:ドクダミの葉は昔から殺菌作用、炎症沈静効果が知られています。ドクダミの葉や茎から抽出したエキスです。

オウゴンエキス:コガネバナという植物の根を原料とするエキスで、炎症沈静効果、皮脂分泌抑制作用が知られています。

こうした有効成分を高濃度に配合した美容液は、比較的高価なものが多いです。しっかりと自分の肌の状態に合うものを選択し、どうせ購入するなら、きちんと適量を使うようにしてください。

 

© 2017 大人ニキビケア rss